Sysdig Secure for Google Cloud Platform

このガイドでは、Helm Chartを使ってKubernetesクラスターにSysdig Cloud Connectorをインストールする方法を説明します。Cloud Connectorを導入したら、GCPアカウントの脅威を検出するために使い始めることができます。

Sysdig Cloud Connectorでは、AuditLogを使ってGCPインフラストラクチャーのセキュリティ脅威を検出することができます。インフラストラクチャーリソース上で行われるすべてのアクションは、AuditLogイベントになり、Sysdig CloudConnectorに消費されます。

そして、CloudConnectorはいくつかのFalcoルールを適用し、ルールにマッチした場合は、Sysdig Secure、Prometheus、STDOUTなどの異なる出力に対してセキュリティアラートを発生させます。

アーキテクチャー

Sysdig Secure for cloud GCP architecture


詳しくは下記のいずれかのセクションをご覧ください: